高年齢者の雇用保険適用対象者の拡大について

・団塊の世代が65歳以上となり、ますます働き手が高年齢化する現在。満65歳以上の人が新たに職に就いたとき

雇用保険の被保険者となることができない現行法では、あまり時代に即した法ではないと思われていた。

そんな中、雇用保険の適用対象を65歳以上の者にも拡大する法改正があった。

施行日を平成29年1月1日とし、施行日以降新たに雇用された者については、高年齢被保険者という区分になり

雇用保険の被保険者となることができる。

働き手が高年齢化する現在、会社を経営している人はもちろんだが、新たに就職を考えている高齢の方などは

特に労働保険関係の法改正には敏感になる必要があると思われる。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 専用ソフトのダウンロードこちら  ver1.0.38 ==>[wpdm_package id=…
  2. 平成27年度対応版Ver3.02のダウンロード[wpdm_package id='235']…
  3. sinkoku01
    平成26年分の所得税の受付は平成27年2月16日~3月16日です。 平成26年 確定申告書の手…

アクセスランキング

ページ上部へ戻る